「狂わない時計」は、簡単なはんだ付け作業で簡単に作れる時計です。

まず、PCB基板へのはんだ付けから始めます。このPCB基板には時計を操るマイコンが入っています。

次に、時計のムーブメントを改造します。 2本のワイヤーを使ってPCBボードとくっつけ、時計針の動きを操ります。

準備する物

  • はんだこて
  • はんだ
  • フラットワイヤーカッター
  • ピンセット
  • Helping handsまたは万力

必要に応じて用意

  • マルチメーター
  • はんだ吸取り線
  • 保護メガネ

詳細はEquipment Listで確認して下さい。

キット内容の確認

キットの中身、PCB基板、部品に不足がないか確認して下さい。

ステップ 1 - 3本の抵抗器

10kΩ (茶黒黄)が1本、47Ω (黄紫茶)が2本の計3本の抵抗器が入っています。 抵抗器は3色のストライプで色分けされているので、2種類の抵抗器の違いが分かります。

先に110kΩ (茶黒黄) からはんだ付けをします。 抵抗器から伸びる2本足を抵抗器に対して90度に折り曲げ、PCB基板のR3の位置に差し込んでください。 差し込む方向はどちらでも構いません。

差し込んだ2本足を基板に平行になるようにゆっくりと折り曲げます。 そうすることで基板を裏返しても足が抜け落ちることなくはんだ付けができます。

2箇所をはんだ付けし、余分な足をカットしてください。

次に47Ω (黄紫茶)のはんだ付けに移ります。 2本をR1とR2にそれぞれ差し込み、先ほどと同様にはんだ付けします。

次の図で、3本の抵抗器のはんだ付け完成図を確認する事ができます。

ステップ 2 - 1N4001 ダイオード

差し込む方向に注意して下さい。 ダイオードの白い太線が基板のフットプリントと合うように置きます。

ダイオードも、ステップ1の抵抗器と同様にはんだ付けをします。 足が太く折り曲げにくいので、ピンセットを使って足を引っ張るように折り曲げるとやりやすいです。 余分な足はカットします。

ステップ 3 - 青色のコンデンサー

小さな青色のコンデンサーをC1に差込みます(0.1µF)。 差し込む方向はどちらでも構いません。はんだ付けをして余分な足をカットします。

ステップ 4 - 32KHzクリスタル

32KHzクリスタルをV1.1の隣のフットプリント図の上に設置します。 極性を持たないので差し込む方向はどちらでも構いません。 足を90度に曲げて差込みはんだ付けをします。余分な足はカットします。

ステップ 5 - 8ピンICソケット

8ピンICソケットをIC1に設置します。

極性を持ちますので正しい方向で設置して下さい。 8ピンICソケット上に半円があります。 その半円が基板のフットプリント図(IC1)の半円上にくるように設置します。 8本足を折り曲げて差し込み、まずは1本足だけはんだ付けして下さい。 8ピンICソケットが基板にしっかり密着している事を確認して残り7本の足もはんだ付けをします。 余分な足はカットします。

この部品は、ハンダ付けのためにボードを裏返すと抜け落ちてしまうかもしれません。マスキングテープなどを使って、部品が落ちないように押さえておくと良いでしょう。

ステップ 6 - 10µF電解コンデンサー

電解コンデンサーには極性がありますので、正しい方向で差し込む必要があります。 長い方の足を四角い穴に通し、短い方は丸い穴(マイナス記号が印刷されている)に通します。 はんだ付けして、余分な足はカットします。

ステップ 7 - マイコン

マイコンをステップ5で設置した8ピンICソケットの上に設置します。 足を曲げる時に力が必要です。机のような固い物に押し当てるようにすると簡単に曲げられます。

極性を持ちますので正しい方向で設置して下さい。 マイコン上の円が8ピンICソケットの半円上に来るように設置します。

ステップ 8 - バッテリーホルダー

バッテリーホルダーから伸びる2本のワイヤー(赤と黒)をPCB基板にくっつけます。 赤いワイヤーはVCCの穴に、黒いワイヤーはGNDの穴に差し込んではんだ付けします。

バッテリーホルダーのワイヤーの長さを短くしたい場合は、 はんだ付けをする前にワイヤーを好きな長さにカットして下さい。

ワイヤーを好きな長さにカットしたら、ゴムをめくってはがし、むき出しになったワイヤーをねじって棒状にします。、 それを基板上のそれぞれ正しい穴に差込んではんだ付けをしてください。

ここまでできたら、次は時計のムーブメントの改造に作業を進めます。

There are two different bundled clock mechanisms. Choose the one you have.

NEW clock, in kits shipped starting January 2014

OLD clock, in all kits shipped until December 2013