Follow akafuguJP on Twitter

XMAS - 組み立て方

戻る



組み立て方

XMASは組み立てが必要なキットです。心配はいりません。 少ないパーツを組み立てて、簡単にはんだ付けができるキットになっています。

はんだ付けをした事がない方のために、初心者用ガイドをご用意しました。 ココをご覧下さい

準備する物

以下のものをご準備下さい:

  • はんだこて
  • はんだ
  • フラットワイヤーカッター
  • ハンズフリーツールまたは万力

オプショナル:

  • マルチメータ
  • はんだ吸取り線

詳しくは準備する物 をご覧下さい。

ステップ1: 抵抗器

4本の抵抗器の足をそれぞれ90度に曲げます。 それをPCBボードのフットプリント図に合うよう差し込みます。 抵抗器は極性を持たないので、どちらの向きに差し込んでも構いません。

Assembly

抵抗器の足をピンセットを使って裏側から引っ張ることで、抵抗器をPCBボードにより密着させることができます。 PCBボードを裏返して、抵抗器の足を図のように折り曲げ固定して下さい。

Assembly

それでは、慎重に抵抗器の足のはんだ付けを始めます。 付け終わったら、ワイヤーカッターで余分な足を切って下さい。 その際、切った足が飛ぶ可能性があるので、目に入らないように保護眼鏡をかけると安全です。

Assembly

ステップ2:LEDライト

次に、赤色LEDライトを4本差し込みます。 LEDライトは極性を持ちますので正しい方向に差し込んで下さい。 間違った方向に差し込むと光らないので注意して下さい。 短い足を、星の尖った先端側の穴に、 長い足を、抵抗器に近いほうの穴に差し込みます。

Assembly

PCBボードをひっくり返し、はんだ付けします。

Assembly

ステップ1:抵抗器のはんだ付け同様に、余分な足を切り落として下さい。

ステップ3: バッテリーホルダーパッド

バッテリーホルダーを設置する前に、 バッテリホルダーフットプリント図の中央部に四角いパッドがあるのを確認して下さい。 その四角いパッドの上に少量のはんだを溶かします。

ステップ4: バッテリーホルダー

それでは、バッテリーホルダーを設置します。 PCBボードのフットプリント図の形に合うように、置いて下さい。

図のようにマスキングテープ等を使ってバッテリーホルダーが落ちないようにしっかりと固定するといいでしょう。 こうすれば、はんだ付けが簡単にできます。

バッテリーホルダーの向きは正しいか、PCBボードにしっかり密着しているかを再度確認します。 問題がなければ、PCBボードを裏返して、まずは足1本をはんだ付けします。 その際、バッテリーホルダーが熱くなるので十分注意して下さい。

正しい方向で取り付けられていることが確認できれば、残りの足もはんだ付けをします。

Assembly

ステップ5: マイコン

最後にマイコンの設置です。8本足の黒いチップがマイコンです。

マイコンをPCBボードに設置する前に、マイコンの8本足を曲げます。 テーブルのような固い物にマイコンを押し当てて、(写真を参照) 手でゆっくりと足を曲げて下さい。

Assembly

いよいよ設置です。 マイコンの左上部に小さいドットがあります。 それがPCBボード上のマイコンフットプリント図の中にある小さな半円の上に来るように設置します。

先程と同様に、マスキングテープ等を使ってマイコンが抜け落ちないようしっかり固定することで PCBボードを裏返しても抜け落ちることなくはんだ付けができます。 まずは足1本をはんだ付けします。 正しい方向で取り付けられていることが確認できれば、残りの足もはんだ付けをします。

Assembly

ステップ6: 電池

組み立ては以上です。それでは、電池を入れましょう。’+’を上にして電池を入れて下さい。

LEDライトがきらきら輝いていますか? 完成です!お疲れ様でした。XMASの出来上がりです。

Assembly

(C) 赤フグ株式会社 - Akafugu Corporation 2011-12. All Rights Reserved.